老けて見えるのはトップスの色が原因かも?

トップスの色が原因?

歳を重ねても、洋服の好みはあまり変わってないな~と思うことがよくあります。
私の場合、学生時代からシンプルなものが好きで、特にトップスは、その頃に着ていたものと同じものが未だに売られていたりしますし、似たようなものを選んでしまうため、着る服も大きくは変わっていません。

今のファッション誌を見ても、シンプルなファッションが多いんですが、一つだけ気を付けなければいけないなと思っているのが色味です。

同じデザインのものでも、色によって「すごく老けて見えるな…」と思うものがあるんです。
アラフォーくらいになったら、好みの色じゃなくても一応試着してみることをお勧めします。
年齢によってその人に似合う色って変わってきますから、もしかしたら今まで手に取らなかったような色の方が顔色が良く見えて、結果しっくりくるということもあるんです。

私の母は若い頃は年相応に見られていたようですが、ある年齢を過ぎたくらいから年齢より若くみられるようになりました。
それはトップスの色味も関係しているんじゃないかと思うのです。
というのも、そのくらいから、それまでには着なかった色の服を着るようになったんです。

「珍しいね。そんな色着るなんて…」と私が言うと「いろいろあててみたら、これが一番顔色が明るく見えたから」と…。

好みの色を身に着けると落ち着くのでついつい好きな色を手に取ってしまうんですが、モノによっては老けて見えることもあるので注意が必要ですよね。

ちょっと変えるだけで見た目年齢も変わりますから、いろんな色に挑戦してみるのもいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする